塾や保育士の仕事をする|教育採用情報ガイド

勉強

サイトに登録をする

男性

保育士の仕事を探す際、多くの人がインターネットサイトの求人情報を利用していますが登録していた方がお得です。なぜなら、サイトによっては登録することで非公開の求人情報をチェックすることが出来る他、条件に合った職場を紹介してもらうことが出来るからです。

View Detail

教育関係の仕事をする

勉強

女性の社会進出が進む中、保育施設の充実は欠かせないことです。保育士一人当たりの子供の数も、減少傾向です。ですから、子供に関する求人は増加傾向にあります。 基本的に、保育施設は各自治体が運営している物と民間が運営しているものとあります。自治体が運営している所は、「保育費用が安い」ということもあり人気があります。 そのサービスの形態も、さまざまです。「一時保育」は、週に3日以内の利用が原則です。「緊急一時保育」というものもあります。病気などで、急に保育が出来なくなった場合のサービスです。これらのサービスの特徴を知って上手く使うと、快適な利用が出来ます。 問題は、保育士の不足です。求人は多いです。求人広告も、目にする機会があるかもしれません。求人活動をして、いい人材が集まったらよりお得に利用できます。

運営元とサービスの形態で、価格は全く違います。たとえば、週6日自治体の保育施設を利用するとします。世帯の年収によっても異なりますが、大体2万円から3万円位と言われています。ただじ、自治体の財政状況によっても差が出てくると言われています。 民間だと、もう少し高めの所が多いです。子供一人にかかる費用は、訳200000円と言われています。どこまでを、施設側が負担するかにかかっています。 サービスによって、単発の利用が出来る場合があります。その場合の利用料は、もう少し安いところが多いです。また、短時間の利用ができるとこともあります。ショッピングセンターなどにも、施設がある場合があります。その場合費用は1万円もかからないです。保育士以外の教育関連の仕事といえば塾の仕事があり、塾講師は経験のない人でも働くことが出来ます。また、経験がある他にも大学を卒業しているのであれば常勤として働くことが可能で、高収入を期待することが出来ます。

まずは資格を取得する

勉強する子供

保育士の仕事はどこへ行っても働くことが出来るので、ライフスタイルが変化する女性にとって人気を集めている職種といえます。また、保育士として働く際には資格を必ずしも必要とするわけではないのですが、あっても損はないといえるでしょう。

View Detail

人材不足が目立っている

履歴書

最近は保育士や施設不足が目立っており、全国各地で保育士の求人募集が行なわれています。また、働く職場はどこでも良いわけではなく、事前に働く場所の情報収集をしてから見極めることが大切となります。

View Detail